車買取 自動車税 車検

車買取と自動車税

車を買取してもらう場合、自動車税との兼ね合いを考えておくことも大切です。
どういうことかと言うと、損をしないためにも車の売却は、
自動車税を払う前に済ませておきましょう・・ということなのです。

 

というのも毎年払う自動車税は、4月1日現在で車を所有してる方のもとに、
納税書が届く仕組みになってます。
ということは、仮に4月1日に車を持っていて、その2日後の4月3日に売却したとすれば、
自動車税を支払う義務が生じることになります。

 

ただ実際は、陸運局への移転登録が済めば、還付についての手続きが可能ですので、
それほど心配するようなことでもありませんが、しかし自動車税というは結構な金額です。

 

お金に余裕のある方ならどうってことないでしょうが、
余裕がない方は、出来れば自動車税を払う前に、つまり
自動車税の納税書が来る前に、中古車売買や名義変更を済ませておきましょう。


車買取と車検

車検が近づくと、車検を通すべきか買い換えるか、
悩んでしまいますね。『車検に出して乗り続けるか、買い換えるか、 どちらが得なんだろう・・・?』

 

車検が近づくと、車検を通すべきか買い換えるか、悩んでしまいますね。

 

『車検に出して乗り続けるか、買い換えるか、 どちらが得なんだろう・・・?』

 

車検か買い換えかを判断するには、

 

○車検費用はいくらか?
○愛車の現在の市場価値はどうなのか?
○これから乗り続ける場合の維持費はいかほどか?
○将来乗り換える際の売却価格はどうなるのか?

 

こういったことを、しっかり踏まえ、どちらの選択が得なのか?
ということをトータルに見ることが大切です。

 

実際、車検にかかる費用というのは、
「法定費用+整備料+手数料」ということですが、
基本的に法定費用という部分が大きいですね。

 

さらにある程度キロ数が10万キロを超えたりすると、
通常はファンベルトの交換などをしなければなりませんから、
整備料なども大きくなります。

 

なので車検にかかる費用と、今現在の買取相場を比較して、
決めてください。